主要な連絡手段のひとつである電話について、過去と現在の状況を比べ、自分がどのように感じているか述べたものです。

ぜひ電話をかけてみよう
ぜひ電話をかけてみよう

過去、現在の電話について

手紙やメール、チャットや電話など、現在様々な連絡手段がありますが、遠く離れた相手との声を通じての連絡手段として有効なのは電話だと思います。すぐに連絡を取りたい場合、文字にすると長くなってしまう話をする場合には、非常に便利でしょう。声を聞けるので感情も読みやすいですし、意思疎通もしやすいと感じています。携帯電話があればどこからでもかけることができますし、持っていないという人も少ないので、連絡手段がないということは稀でしょう。

しかし私がまだ幼いころは、固定電話のみで、携帯電話というものはなく、無線呼出し、つまりポケベルが主流だったようです。しかしポケベルは呼び出し機能のみで通話することはできないため、メッセージを受信後、公衆電話や自宅から相手方に連絡し直す必要がありました。その後PHSが生まれ、携帯電話が生まれ、その場で連絡をとれるようになり、小型化も進みました。現在では、携帯電話で電話回線を使わずに、インターネット回線で通話することも可能になっています。お年寄りや子供が携帯電話を持ち使いこなしていることも今や珍しいことではなく、いつ誰とでも連絡が取れると考えてもいいのかもしれません。今後、今ある連絡手段は変化を遂げ、衰退していくものもあるかもしれませんが、電話がなくなることはないでしょう。

Copyright 2017 ぜひ電話をかけてみよう All Rights Reserved.